読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kisarasaraのブログ

マギの本誌感想を中心に弱虫ペダル本誌感想とかも。

決断の重さ【マギ331夜感想】

 
ついにここで自分の願いの為だけに戦うことを決めたアリババくんが見られるとは…!!
熱すぎる選択に大興奮です。
 
アリババくんが、誰からも望まれなくても自分の願いの為にエゴを貫く姿がここまで輝いているのは、やっぱりこれまでの積み重ね無くしてはあり得ないことなんですよね。
モルさんが言っていた通り、「誰かの為」にずっと戦ってきた人だから、世界の為に自分を押し殺すか自分を貫くかであれだけ悩んでいたわけですし。
 
アラジンくんの後押しがある所もアリババくんらしいと思いました。
流されるままにやった行動が悲劇を招いた過去があるアリババくんとしては、自分の選択に確固とした自身が持つこと自体が彼にとっては非常に重大なことなんじゃないかと思うんです。
だから、純粋に「アリババくんの答えをききたい」と、言ってくれるアラジンくんの後押しがあってエゴを貫くことが出来るのかなあと。
あの決断も構図としては極端に言うとアラジンくんとモルさんの板挟みにも見えるんですよね。どちらも「アリババくんに期待している」という意味で。
その中で自分の願い、言い換えると欲望を最優先した答えを選んだのがここに来てでっかい壁をぶち破ってくれた感じがして本当に胸が熱いです…。
 
でも「他人の為」ではなく「自分の為」にした重大なことって、これが初めてではなく、その前に白龍の言葉に逆上して白龍の両脚を切断したのも「自分の為」でしたね。
アリババくんはそのことを強く後悔していました。
つまり、今回の選択よりも前に「自分の為」というエゴを貫くことがどういうことかをアリババくんは知っているんですよ。
 
これまでずっと「他人の為」を優先してやって来たということ、そして「自分の為」というエゴを貫くことがどういうことかを知っているということ、この二つがあるからこそ、今回のアリババくんの選択が、いかに彼の中で重大なのかが伺えます。
 
世界の願いと自分の願いを天秤にかけて選んだ自分の願い。
この選択をしたことにより、これからアリババくんがどういう行動を起こしていくかとても楽しみです!
姿の見えない白龍とジュダルがどうしているかも楽しみですが、自分のエゴを選んだアリババくんに対して二人がどういう反応をとるか前述の絡みもあるので大変気になります。
白龍とジュダルなんか特に自分のエゴを貫いて暴れた二人ですからね…。
 
成長して大人になっても、応援したくなる雰囲気はいつまでも残っているのがアリババくんの魅力だと改めて思わされました。
がんばれアリババくん…!!