読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kisarasaraのブログ

マギの本誌感想を中心に弱虫ペダル本誌感想とかも。

マギ第305夜を受けて。

 

 

白龍が滅茶苦茶かっこよくなっていて痺れました。

 

いきなり三年経った後の姿での登場は心臓に悪いとは言ったものの、一年であんなにかっこよく成長しているなんて思いませんでした…。

即座の判断力やすぐに動揺しないところとか、中身も外見も凛々しく逞しくなっていてすごく胸がいっぱいです…。

既に三年後を知っているのであの戦闘の結果だけはなんとなく察せますが、経過と白龍のその後が気になるところです。頼むから五体満足で登場しておくれ。

 

アラジンくんとモルさんとの信頼関係も垣間見えて本当嬉しいです。

あと個人的にテンションが上がったのはアル瑛ちゃんの「怒らないから言いなさい。」ですね。いつまで経っても白龍を子供扱いしているのがとても良い。

 

あと私、これからは「玉艶」としてではなく「アルバ」として認識するものだと思っていたのですが、「玉艶を倒す」と言っていたので、多少引っかかった部分がありました。憎んだ相手も自分の一部とすると言っていたのに、やっぱり「玉艶」と認識して倒すのは矛盾っぽいなあと。

ですが、フォロワーさんの「白龍にとって玉艶は倒すべき相手な上、あの場はアラジンくん達を逃がすという目的もあったからではないか」というご意見を賜って、かなりスッキリしました。

「守るために生きる」ことを決めたから倒すべき相手を見誤らない、そのことに躊躇もしない、ってかなりかっこいいですね…。

 

白龍の話を始めると止まらないので本題行きます。今回は305夜を読んでシンドバッドについてかなりストンと落ちるところがあったのでそのことについてまとめたかったんです。

 

これまで、私はシンドバッドのことを怖いと感じていました。確実に何か遠くに見据えているものがあるのにも関わらずに、今ある周囲の問題をないがしろにはしない。そういうところに人間味から遠いものを感じ、そこが恐怖の対象になっていたんだと思います。

 

しかし、ようやくシンドバッドの真意が見えて、彼が物事に対しどういう考えを持って接しているか、これまでの人生をどう思っているかがわかり、何よりそれらに統合性を感じました。

 

上の者同士のいさかいに巻き込まれるだけの大多数である身分出身の彼が、ソロモンのことを「無責任」と言ったのにはかなりの説得力がありました。

人を導いておきながら、最後には正解を出さずに道筋だけは決めて正解は自分たちで探せと残す。

確かにこんな理不尽なことは無いように思います。

しかしこれに反論したいのですが、ソロモンやウーゴくんは人間の可能性に賭けているからあえて正解を出さないでいるんですよね。

正解を提示して正解のみに従うように動くことを最適解としたシンドバッドとは真逆なんです。

だからソロモンに対しての不信感をその息子にすら隠していないのですけれど。

 

もうどちらがいいかとは決められないものですし(そもそもマギがずっとそういうテーマでやってきてますしね)、人による、としか言えないです。

最後に勝った方が正義になる、みたいな構図です。

 

しかし、やっぱりアラジンくんが言っていたとおり、「シンドバッド一人で背負い込む」ということが問題なんですよね。

シンドバッド自身が自分の持つ唯一無二の特別な力を自覚してその力をどう使うかについて答えを出したのは本当にかっこいいです。しかし、自分の責任ではない、突然の理不尽に対しても「必要なことだった」とするのを見るのは苦しいものがあります。

苦しかったこと、傷ついたという個人の感情を全て正当化してしまうのはかなりきついのではないかと感じます。

この考え方が変わらないのだとしたら、この先ずっと何があっても「必要な事なんだ」と処理されてしまう。あんまりにも機械的すぎて非常に悲しくなりますね…。

 

ですが、シンドバッドがこのような考えに至ったのは、やはりユナン評した「いい奴」だからなんだとも思います。

ソロモンは人間が好きだから正解を個々の意思に託すことを最良の世界とした。それに対してシンドバッドは個々の意思のぶつかり合いを見てきたから唯一の正解を与えなければ最良の世界に辿り着くことはできないという結論に至った。

どちらも人を正しい方向へ導きたいという気持ちは同じなんですよね。そしてどちらも懐が大きすぎる。

 

本当に二人とも愛が大きすぎるんじゃなかろうか。

シバちゃんの「神様になんてならなくていいよ」が本当に身に沁みます。本当だよ…。

 

なので、いまの時点で出せる結論としては、シンドバッドは人間であることをきちんと確認できて嬉しかったですし、だとすると尚のことシンドバッド一人に背負わせたくないという気持ちが大きくなったということです。

 

それこそ八人将のみなさんやユナンくんの活躍が望まれるところです…。お願いします…。

特にユナンくんは最初にシンドバッドに特別な力を与えたので尚更頑張っていただきたいです。切に。

 

それでは。